FOMC利上げ決定!

FOMCは予想通り、1年ぶりに0.25%の利上げを決定しました!そして来年の利上げ回数については前の2回から3回へと引き上げられ、利上げペースが上がるとのことです。

利上げ決定のニュースを受けて株価と通貨は大激変!午前中は冴えない米指標もあり、様子見ムード一直線。でも発表がされた途端に大きく動きまくり、ドル円は115.1円から117.3円にまで駆け上がりました。

ある程度予想されていたから、上がったとしてもせいぜい116円前後かと思っていたのですが、凄いことなってますね。

さて東京時間はと行きたい所ですが、おそらく東京時間も利上げの影響は直撃するでしょう。ドル円は117円よりも上がりそうな予感がぷんぷんしますが、こればかりはじっくりと見極めたいものです。

PLAY BACK!

先週のドル円は、思っているよりも底固い展開だったように思います。週初めに行われたイタリアの国民投票において憲法改正は否決。首相も辞任を表明し、円買いが進みました。

このままズルズル買いが進むかと思いきや、イタリア大手銀行に“救いの手”が差し伸べられ、何とか食い止めることに成功します。 ただ米金利が下がったことにより、円買いに止まる気配は無し。でもECBの資産買い入れ延長によってユーロ売りドル買いが進みました。

なんだか、ヨーロッパに終始振り回されっぱなしだった気がします。イタリアに関しては落ち着いたと見て良いかと思いますが、政治がどうなるか些かの不安がありますね。またEUの判断にはちょっと驚いたものの、個人的にはわりと強気な姿勢が伺えたように思いました。